虫歯の進行について

本日は虫歯の進行度合いについてお話をします。実は、虫歯と一言で言っても、箇所、深さによって治療法や症状が大きく異なり、診断確定後、1日で完了する処置もあれば、半年以上通院が必要になる場合もあります。

虫歯の進行度合いは、大きくC1〜C4と4段階に分かれており、それぞれご紹介したいと思います。

C1:歯の表面である「エナメル質」にのみ進行した虫歯

まず、C1ですが、自覚症状はほとんどみられません。患者様によっては染みるなどの症状がでることもあります。

治療方法:感染した虫歯をきれいに取り除き、「レジン」という白いプラスチックを使い、削った部分を詰めていきます。治療の跡も目立たず、診断確定後、治療回数も一回で済みます。 

C2:虫歯がエナメル質のさらに下、「象牙質」と呼ばれる層にまで進行した状態

次にC2です。象牙質に虫歯が到達すると、「冷たいものや甘いものが染みる」などの自覚症状が現れます。この深さの虫歯になると、プラスチックではなく「インレー」と呼ばれる銀の詰め物をする治療になります。金属の詰め物は、治療後に虫歯になるリスクが高いため、当院ではメタルフリーの治療もご提案させて頂いております。

治療方法:詰め物を作成するために歯型を取り、後日また装着するという形になりますので、一日では治療を負えることはできません。また、神経により近い部分の治療となるため、場合によっては治療時に痛みが生じてしまうため、麻酔をしようすることもあります。

C3:虫歯が歯の心臓ともいえる、神経(歯髄)にまで及んだ状態

次にC3です。冷たいもの、甘いものだけでなく、「温かいものまで染みる」ようになります。また、神経が炎症しているため、何もしなくても痛む「自発痛」が起こります。よく歯がひどく傷むことが続いた後、突然痛みがなくなったというのは、神経が虫歯菌に侵され痛みを感じなくなったからです。これ以上放っておいてしまうと歯を残せなくなりますので、お早めにかかりつけの歯科医院へ受診されることを、お勧めします。

治療方法:神経の保存が難しいため、感染してしまった神経を取り除く治療を行います。その後神経の通っていた管を、数回に分けて消毒し、落ち着かせる必要がありますので、治療回数は3回以上に及び、歯全体を覆う「クラウン」と呼ばれる被せ物をするため、来院回数・治療費も多くなります。金属のクラウンは治療後に虫歯になるリスクが高いため、当院ではメタルフリークラウンもご提案させて頂いております。

C4:歯の頭の部分が崩壊し、ほぼ根っこのみの状態

最後にC4です。この状態まで進むと歯茎の中にしか歯がなく、神経が完全に侵されているためため、痛みはありませんが、さらに虫歯菌による感染が進むと、歯の根っこの部分に「膿の袋」ができることもあります。

治療方法:ここまでくると歯自体を残しておくことができないため、歯を抜く治療になります。歯を抜いたあとは、そのままにしておくと歯並びやかみ合わせに大きな影響が出てしまいます。その代わりの役割を担うものを、なくなった歯の場所に入れる必要があります。

治療法は主に、3つです。

・ブリッジ

・部分入れ歯

・インプラント

虫歯は早期発見・早期治療により、身体的にも経済的にも患者様の負担が少なくなります。

そのためにも、ご自宅での適切なセルフケアと、歯科クリニックでの定期的なプロフェッショナルケアが重要です。

本日は虫歯の進行度についてのお話でした。次回は、唾液の働きについてお話します。