虫歯のお話

虫歯の原因と聞いたとき、何を思い浮かべますか?

多くの方は、「砂糖」または「虫歯の菌」などが頭に浮かぶのではないでしょうか。しかし、虫歯はたったひとつの原因がきっかけとなって起こるものではありません。

今回は、そんな虫歯の成り立ちについてお話していきたいと思います。

〇虫歯を作る4つの原因

虫歯をつくる原因は、大まかに分けて4つに分類されます。この4つは単独では虫歯の原因とはなりませんが、これらすべての条件が揃ってしまうと、虫歯のリスクが格段と上がります。では、その4つの原因についてお話します。

歯の質

「歯の質」と聞いても、いまいちピンときませんよね。虫歯になりやすい人、なりにくい人がいるという事を聞いたことはありませんか?歯の厚みや強さなどは、ひとりひとり異なります。これは、免疫力が低いから風邪をひきやすい、皮膚が薄いからやけどしやすい、と同じようなものです。同じような食生活・歯磨きを行っても、同じように虫歯になるとは限らないのです。

糖分

糖分はお菓子や食品だけでなく、果物にも含まれます。砂糖=虫歯の原因と思われがちですが、その他の要因が重なって初めて虫歯の原因になるのです。砂糖は悪者だと思われがちですが、しっかりとした知識を得ることで、糖分と上手に付き合っていくことができますよ。

虫歯菌(ミュータンス菌)

ご存じの通り、虫歯には私たちの歯に悪さをする細菌が関わっています。しかし、この虫歯の菌だけでは、虫歯が完成することはありません。他3つの原因が重なると、虫歯菌はさらに力を発揮してしまうため、リスクを把握して食生活・歯磨き習慣を身に着けることが重要です。

歯磨きの時間

歯を磨くまでの時間とはつまり、「歯が溶けている時間」のことです。普段中性のお口の中は、食事をするとすぐ酸性に傾きます。酸性に傾くと「脱灰」といって、歯の表面が溶け出してしまうのです。この脱灰の時間が長ければ長いほど、虫歯のリスクは高まってしまいます。

唾液には歯を守る大切な役割がある。

【脱灰】

虫歯菌が糖分を食べて酸を出し、その酸が歯の表面を溶かしてしまいます。

【再石灰化】

ですが、唾液の力によって溶けだした成分(カルシウム・リン酸)が戻り、歯の表面を修復しています。

このようにして、私たちは虫歯になるリスクを下げています。しかし、お菓子や食べ物をずっと食べてしまう、所謂「ダラダラ食べ」は、歯を修復する時間よりも歯が溶ける時間・頻度が多くなってしまい、虫歯のリスクが激増します。

極端に言うならば、「砂糖を含むお菓子を一日に一度大量に食べるAさん」と、「砂糖を含んだお菓子屋飲料を少量こまめに摂取するBさん」では、後者のBさんの方が圧倒的に虫歯になりやすいという事です。

脱灰と再石灰化のバランスが崩れてしまう事、4つの原因がそろってしまう事、これらがきっかけとなって虫歯は起こります。一度削った歯は、二度と元には戻りません。虫歯の成り立ちを理解して、しっかりとした虫歯予防を心がけましょう。